第1回企画会議

(2009.6.2)

韓国創作料理 マッコリバー てじまぅる 新宿店
無理矢理ゲーム移植イベントをやろうぜとは言ったものの、イベント主催なんてかったるいよなと思って放置していたら「あれ、いつやるんだよ?」的な空気になってきたので「じゃあ今日やるぞ!明日の朝までにゲーム作れるもんなら作ってみやがれ!」とか言っちゃったせいで第1回の開催に至りました。お題は「ときめきメモリアル」

ときめきメモリアル

(2009.6.2)

コナミから発売されたPCエンジン用恋愛シミュレーションゲーム。最新作「ときめきメモリアル4」も発売されており、なかなか好評みたいです。ときメモといえば、エロ同人誌に対し「うちの娘になんてことしやがる」とか言って徹底的に叩き潰す姿勢で臨んでいたような記憶があるのですが、なんでこんな危険なタイトルを初回のお題にしてしまったんだろう。
puzzledama.png
これはパズルゲームになった「ときめきメモリアル対戦ぱずるだま」。最近PSストアで買いました。久しぶりに遊んだらすげえ難しくてぜんぜんクリアできん!

ときめきキコリアル

(2009.6.2)


→PLAY
最初は何をどうすればいいのかわからないうちにゲームオーバーになると思います。ゲームの目的を見つけるところからすでにゲーム!で、まあ、落ち着いて見れば、ただでさえ荒いドット絵の中、さらにひときわ荒いオレンジ色の物体が「きこりの与作」であることに気付くでしょう。ここまでわかれば、やることはひとつ!なんですけど、時間制限がシビアなのと、移動に慣性が付いてるおかげでなかなか難しい。何度かやり直してるうちに、マジでこのクソカップルの成立を阻止せずにはいられない気持ちになってきます。また、ブラックな内容にも関わらず、海外の残酷ゲーみたいに血とか悲鳴が出ないことと、イノセントな雰囲気のドット絵のおかげで、そもそも倒れた木が下の人に当ってるかどうかもわからないという、各所に配慮が行き届いてるあたりがプロの仕事って感じです。さすがだ!

愛してると言ってくれ!

(2009.6.2)


→PLAY
「絵は苦手なんだよー」とは伺っておりましたが、字もなんだか読めない感じで、まず、この、タイトル画面から漂ってくる「オマエの脳を改造してやろうか?」オーラに圧倒されます。ゲームを開始すると目に付くのが「Dead Line」の文字。これは、スケジュール管理ゲーム?太鼓の達人的なリズムゲー?かと思ったら、まさかのタイピングゲーム。このタイピングエンジン、ちょっと出来が良くてびっくりなんですけど、なにかの流用なんでしょうか?わざわざこのために開発したのでしょうか?それにしてもなぜタイピング!?ソースネクストすぎる展開に驚きを隠せません。今度あったらSouthnextって呼んであげたいと思います。今回最もときメモと関係ない作品であり、本イベントの趣旨を一番わかってらっしゃるのではないかと思われます。

ときめきたいにー

(2009.6.2)


→PLAY
高校三年間で彼女を作るという、ときめきメモリアルのシステムをそのまま移植。ただし、グラフィックや登場キャラの数、イベントの数など大幅にダウンサイジングしてあります。ちょっとまじめに作りすぎた感がありますが、これの前に提出したブツが「tokimeki」すらマトモに書けてないほどの超絶クソFlashだったので反省したと思ってください。キャラ増やしたアップグレード版を作りたい気がしないでもないけど、「クリエイト・アンド・フォゲット」が当イベントの趣旨なので忘れたいと思います。

ときめきメモリアン

(2009.6.2)


→PLAY
ときメモ移植作品としては、画面構成とオープニングの雰囲気、音楽などを似せてみた感じ。あんまり仲良くなってないのに、うっかりヒロインに声をかけると言われてしまうきっついひとこと「一緒に帰って友達に噂されると恥ずかしいし…」でおなじみの下校時の校門に着目した点がマニアックすぎです。なんだかヒロインがひどい性格になっちゃってるのは想定内なのですが、「エロ詩吟」とか意味不明すぎる単語が出てきたあたりで、並みのネタ系ゲームじゃない風格が伺えます。ゲーム部分についても、いったい何が正解で何が駄目なのか手がかりも与えられないという、まさに、相手の気持ちがわからない恋愛ゲームのもどかしさを見事に表現しており秀逸。クリアすると、ちょっとこの娘を好きになっちゃってる自分に驚かざるを得ません。